3.

リハビリテーション
​「あれがしたい」「こうなりたい」を支援します!

『自分が自分であるために』

自分をとりもどしていく・適応させていく過程が、リハビリテーションだと考えています。

「あれがしたい」「こうなったらいいのに」

という希望をできるかぎり支援していくのはもちろん、

「どうしたらいいかわからない」「やりたいことなんてない」

というかたの意思決定の支援をしてまいります。

からだやこころには「自己所有感」や「自己肯定感」があり、

それが失われてしまうと、動けない、やる気が起きない、

といった状況が起きてしまいます。

これをとりもどすには、「自分自身で動くこと・決めること」がとても大切です。

しっかりと今の状況を見つめ、「やってもらう受け身のリハビリ」ではなく、

『自分で決めて・自分で行うリハビリテーション』をめざして、

患者・利用者の方々と一緒にとりくんでまいります。